ここからはじめる
あたらしい生活

盟親について

ABOUT US

おかえりなさい

「おかえりなさい」と出迎える

身柄を拘束された彼らも,必ず社会に戻ってくるときがくる。
「二度と過ちは繰り返さない」そう決意した彼らにも,地域での居場所と,社会とのつながりが欠かせない。
 

 

更生保護法人 盟親

遠い昔から、犯罪や非行に陥った人たちは、自業自得で行政を含めて関心すらもちたくないというような対応が続いていました。しかし、彼らの更生に関心を持つ一部の民間の人たちによって更生保護事業がはじめられ、現在では国の責任において更生保護事業が実施されています。

 盟親では、多くの皆様の協力によって、彼らをあたたかく迎え、彼らを応援しています。

あたたかく 迎える


ながく社会をはなれていた彼らは、不安でいっぱいです。できるかぎり、施設まで職員が迎えに行き、ともに盟親にかえってきます。
「おかえりなさい」と迎えられる場所、それが盟親です。

あたたかい 布団を


盟親では40名の寮生すべてに、個室を使用してもらっています。20室が和室で、20室はベッドを設えた洋室です。夏冬布団一式、テレビ、エアコン、デスク、いす、クローゼット等を備えています。

あたたかい 食事を


盟親では常勤の調理専門職員が、特に夕食にはあたたかく、まごころのこもった食事を提供しています。当然、ごはんはおかわりし放題です。
ボリューム満点のカレー、からあげ、ハンバーグが特にの人気です。